サラリーマンの私がコロナ禍で思い行動したこと

コロナで仕事が少なくなっているのがよくわかるお盆休みでした。いつもなら1週間の休みですが今年は2週間休みになりました。といっても1週間は強制的に有給休暇を消化したのですけど、それでも有給が消化しきれず9月になると消滅します。私の会社のような中小企業はこれまでの不景気で人が全然入ってこないで、減っていく一方でした。必要最小限の人数で仕事をしているために自分が休むと他の人に負担が増すのでなかなか休めません。だから毎年、有給休暇が消化されずに消えていきました。働き方改革といって日本政府は副業を推進していますが多くの中小企業ではまだまだ認められていません。リモートでできるような仕事でもないので毎日、出社していました。びっくりするくらい仕事が少ないです。サラリーマンなので給料はもらえていますが、会社としてはどうなのでしょうか?会社の経営状態はわからないので非常に不安です。50歳を過ぎてから転職は厳しいと思います。会社に依存しない働き方をと思い資格をいくつか取得してきました。でも今は日本どころか世界中でコロナにより景気が悪化しています。年齢的にも世間の経済状況からみても、今この年で会社がなくなったらどうしようと思っています。なんとか会社に依存しないで収入を得る方法はないかと考えてブログアフィリエイトを始めました。想像していたより大変なことだとわかりました。楽に収入を得る方法なんてあるわけありませんよね。初めてから約2か月が過ぎましたがまったく収益は上がりません。覚えなければいけないスキルもたくさんで、実際に手を動かしながらスキルを得ているのであとからこのやり方はまずいときずきます。これも経験ですね失敗から学んでいきます。それからブログの勉強していて自分の強みや目標とする世界観を見出す作業もしています。今まで考えたことがなかったことなので大変ですが自分が成長しているように感じてよかったです。1冊の本に出会いました。「ドリルを売るには穴を売れ」という本です。ブログの記事を書くのに、あるブロガーさんがおすすめしていた本です。私はいつも何かを購入している消費者なのに、モノを売る方に回ると消費者の気持ちを忘れてしまうことに気づきました。すごく読みやすく納得できる内容で、1日で読んでしまいました。とても重要でわすれてしまいがちなことが書いてあるので何回も読み直して頭にたたきこみたいと思います。

ことしはコロナで実家に帰れなくて孫の顔を、実家の両親に見せられなかったという人も多いと思います。そんな人にいい商品です。
まごチャンネルのamazonなどの口コミはどうなの?
良かったらお読みください。