仕事に行き詰まったら自己分析が一番の鍵

しかいことがわからなくなったら、自分を見つめ直すことから始めませんか?
まずは自分を見つめ直して自分を知ることが大事です。

やりたい仕事を見つめるためには、「自己分析ができている」ということが必須条件です。
「今の仕事に不満がある」
それはすごくわかるのですが、かといって何が自分お本当にやりたい仕事」なのかわからない?
そんな人にこそ自己分析が大事です。
「やりたいこと」と「できること」は別次元の話なのです。

「こんなつまらない仕事、辞めてやる!」
そんなことを考える前に自己分析から始めましょう。
自己分析で簡単な方法は「自己概念表」を作ることおすすめします。

私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
これをいくつ書き出せるか?
少なくとも最低20件以上はひねりだしてください。
れを見ながら自分のセルフイメージを客観的に分析するのです。
ポジティブなことからネガティブなことまで

■特異なことだけではなく自分の弱点も認めましょう子dふぉまで
自分というものがわかったら、改めて自分の棚卸をしましょう。
これは何のビジネスも同じです。
例えば商品であれば
・動きの良い商品
・あまり売れない商品
・値引きしてでも在庫処分すべき商品
・これから売れそうな時代を先取りした商品
ビジネス、商売ではそれんらの商品でどれに力を入れて販売していくか?を考えるはずです。
これを自分の分析で分かったことに当てはめてみるのです。

今までの人生を振り返り、
やってきたこと
やりたかったけれどできなかったこと
成功したこと
失敗したこと
それらを紙に書いてみることが大事なのです。

やりたくなかったことからいつも逃げてきていませんでしたか?
成功したのは自分が好きなことで積極的にチャレンジしたからではなかったですか?
失敗したのは自分が嫌いなことで気が進まずに消極的だったからではないですか?

こうして
自分が何を得意としているか?
何をしている時が楽しいのか?

反対に
自分の弱点は?
やりたくないことは?
紙に書き出してみないと本当の自分はわからないのです。

得意なことにはさらに磨きをかけていきましょう
不得意なことは、改善するか?あるいはきれいさっぱり諦めて捨ててしまうことも考えましょう。

これは商売も同じ
資産は活用し、負債は処分する
あなたの自己分析で中で資産と言えるものは何ですか?
あなたン自己分析の中で負債と言えるものはなんですか?
自分のサインが欲しい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です