成功したいサラリーマンはスタバで打ち合わせはするな

仕事の打ち合わせでスタバなどカジュアルなカフェですることも多いかもしれません。
でも、成功しようと考えているサラリーマンなら少し発想を変えていきましょう。
確かにスタバなどカジュアルなカフェはどこにでもありますし、なによりコーヒー代も安いものです。
これを考え出した方はとても素晴らしい発想だと思います。
なによりこでれでビジネス街の喫茶店が激減してしまいましたからね。

私も仕事中の休憩など絵はよく利用しています。

しかし、大事な商談や大切な方との待ち合わせには、ちょっと考えなおしてみてください。
もし重要な商談や大切な方との打ち合わせや待ち合わせはあえて高級ホテルのラウンジや一流ブランドが経営するカフェなどが遅すめです。
なぜなら、人の印象は「その場の雰囲気」に大きく影響されるからです。
私はよく打ち合わせの場所に指定されるのが高級ホテルの雷雲時です。
コーヒー1杯が軽く遷延します。
もちろん誘った方のお支払いのことが多いのですが、まずその前から雰囲気に飲まれてしまうことよくあります。

戦う前から相手にマウントポジションと摂られているような感じです。
大切な交渉事の打ち合わせで大きな失敗を経験した私は、それ以後あえて高いコーヒー代をこっちが負担することは覚悟のうえであえて高級ホテルのカフェをよく大切な商談や打ち合わせに使うようにしています。

打ち合わせや待ち合わせの時だけでなく高級ホテルのカフェを利用することに慣れていきましょう。
確かにスタバなどカジュアルのカフェの軽く倍近い値段を自分だけのために使うことは一見無駄に見えるかもしれm線。
しかし、高級ホテルのカフェにはいちりゅの人たちが集まっています。
そうした府に気の「気」を感じおるだけでも千円のコーヒーは価値があります。
その中に自分も身を置くことで
次第にその一流の人々の仲間入りできるイメージが実感できるようになります。

高級ホテルのカフェが似合う男
すなわち成功しているサラリーマンに違いありません。

またある成功したサラリーマンは昔からあえて背伸びした住まいをあえて借りていたそうです。
「少し無理をしてでも一縷鵜のところに住んだ方がよい」というのです。
そうすることで一流の人間の仲間入りをしたような錯覚ができて、大きな仕事ができたそうです。
勘違いや錯覚も時には良い効果をもたらすものです。
大きな局面でも
どんな偉い方に逢っても
物おじせず堂々と振舞うことは勘違いや錯覚も必要なんです。
ソラノメ 口コミ