リスクを避ける人、リスクをあえて選択する人|同期が退職する

30代40代になると動機が退職する時に深く考えさせられます。

ちょっと前までは
「安定したさらいーマン人生が一番だ」
そう考えていたのですが
同期が退職や転職をすることがあると
「俺の人生、このままでいいのか?」
と焦る気持ちが生まれてくるンドエス。

決して安定志向自体が悪いものではありません。
一時の気まぐれで家族を路頭に迷わすような、転職や退職や独立は不幸を招く原因でもあります。
それが原因で離婚や家庭崩壊のことも珍しい話ではないからです。

しかし、人生に再チャレンジする同期の姿を見て「自分にもできるかな?」と一瞬置き換えてしまうのです。
リスクのない道は必然的に予想できますし、先が見えています。
それ以上の可能性はおそらく望めないでしょう。

自分がが少しでも優秀な人材である自覚がある人ほど、そんなことで深く悩んでしまうのです。
積極的にリスクをとり、自分の可能性を信じて行動する
そんな誘惑にも駆られてしまいます。

リスクをとることを「会社を辞め売頃」と勘違いしないでください。
組織の中に逢ってもリスクをとることは可能です。
それは自分の殻をぶち破ることです。
例えば上層部の考えと自分お考えが異なるのであれば正々堂々と自分の意見を主張することだってりっぱなリスクととることでもありますy。
もちろん、それを主張するためには上層部を黙らせるほどの理路整然とした理論やデータも必要です。
りすくをとるということは自分にぶれないということでもあります。

特に若いうちほどリスクはとっていくことが良い方向に行く可能性が高いです。
若ければ何度でもチャレンジできます。

歳をとればとるほどリスクはより大きな恐怖になるからです。

退職する同期がいれば一度じっくり時間をとって話を聞いてみませんか?
どいうして転職や退職をするのか?
それが勝算のある冒険なのか?まるで無計画な無冒な賭けともいえるか?
あなた自身の考えをまとめる良い機会になると思いますよ。

リスクをとるためには客観的に自分の評価を見定めなくてはいけません。
今までの実績は
あなた自身の際の才能や努力のたまものなのか?
会社の看板や実績がもたらしたものなのか?
多くの方がそのあたりを勘違いされていることも多いのです。

りsくをとつということは勝算アがあって初めて取れる子のなのです。
決して一時の勢いや感情でリスクはとるものではないのです。
今の会社に
残るも地獄
去るも地獄
後はあなたが選ぶだけなのです。
実務者研修 働きながら どこがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です