長財布とミニ財布、どっちが金運アップか?

「お金を貯めたいのなら長財布が良い」と言われていますが最近は「ミニ財布のほうがお金は溜まる」という話も出てきました。
いったいどちらが良いのでしょうか?
長財布のほうがお金が貯まると言われているのは風水で長財布が金運アップするという話もあります。
しかし、実意はお金が貯まるか溜まらないかは財布はあまり関係ないように私は思います。
つまりマネーてらしーがある人であればお金は溜まります。
金融や経済に関心が高い人ほどお金が貯まるのです。
それらに興味がある人は効率的にお金を貯める知識を積極的に収集し、すぐに実践するからです。
給与天引きや自動引き落としでお金を貯める仕組みを作っています。
今流行りのキャッシュレスがお得だと知れば積極的に導入します。
そうすればお財布の中身も少なくなります。
「ミニ財布がお金が貯まる」という人は要はマネーテラシーが高くきゃしゅれす決済をすることで財布の中に入れる物が少なくすむということが起因しているかもしれません。
ですから、それを逆手にとってミニ財布にしてそこに収められる最低限の現金やキャッシュカードにしてみるのも有効かもしれません、
ミニ財布にするとレシートも入れられませんし、毎日ミニ財布からレシートを取り出す習慣もできて毎日のお金の管理もシビアになるかもしれません。

ちなみには私はあえて長財布派なんですけどね。
お札を折らずに綺麗な状態では入れられることの方を重視しています。
これは理論ではなくある意味スプチュアルな部分です。
でも、次はミニ財布にしようかな?」とも思い出していm、あすけどね。

結論的には
ミニ財布であろうが長財布であろうが自分の気に入ったものを使えばいい!
ということになってしまいました。
気に入ったデザインの財布なら財布を丁寧に取り扱いますし、それがお金にも影響してきます。
財布をスッキリさせれば財布も中身もスッキリします。
そうしてスッキリさせるには相当の努力も必要になります。
その努力した分だけ「お金が貯まる」ということなんです。
ロレックス ボロボロ 形見 修理

そもそも「金運アップに「長財布」か「ミニ財布」か

そんなことで悩んでいおることがナンセンスなんですね。
お金を貯めるには財布の種類より自分のお金に対する付き合い方を考え直すことが先決です。
お財布はあなたのお金に対する考え方を表すシンボルでもあります。
きっとあなたの御明けに対するマネーテラシーが高まれば、おさいふもそれにふさわしい形に落ち着きますよ。

サラリーマンだからこそ勉強しなければならない現代である

オフィス街にいくと書籍の大型店舗がどこでもあります。
その多くの書籍がサラリーマン向けなんです。
以前の調査で30歳~59歳にアンケート調査したところ
現在勉強している」は40%もいました。
「今後なんらかの勉強をしようと考えている」と合わせるとなんと実に80%にも上がったそうです。
その背景には「大会社でも潰れることがある」という現実をみんなわかってしまったからかもしれません。
今の会社では社員に対する考え方も徐々に変化しています。
もうすでに年功序列は崩れ去りどんどん成果主義を導入する企業が増えています。
同期入社であっても給与や役職は横並びではなく、大きな差が出てしまうことも現代では珍しくないのです。
それどころかリストラの対象にいつなってもおかしくないという危機感があるからかもしれません。

■サラリーマンの勉強は自己防衛のため
今の勤めている会社に
「いつ?」
「なにか_」
あっても大丈夫なように備えておく。
どんなに大きな会社であっても、さらには国すらも信用できない時代なんです。
しかし、信用できるものがあります。
それが自分の能力です。
そのことに気づいてサラリーマンになってからでも勉強する人が多い理由だと思います。

勉強している人、勉強をしようとしている人
そんな人は勉強しない人に比べて将来安泰か?といえば必ずしもそうとも言えないのがまた難しいところです。
いくら勉強したところで。それだけでは何も守れません。
逆に一生懸命に勉強に励むことによって
「あいつは付き合いの悪い奴だ」
「そんな何の役にも立たない勉強なんかしてかなりの偏屈で変わり者だ」
そんな風に会社から浮いた存在にもなりかねません。
それが原因で出世レースから脱線してしまうかもしません。

あるいは家族からも
「休日返上で勉強なんかして家族をかえりみない!」
と責められるかもしれません。

なにか事が起こった時の備えなのが社会人の勉強ですが、それが無駄になることもあるのです。(汗)
むしろ勉強などせず、ダメリーマンとして毎晩 赤ちょうちんで巨人阪神でも見ながら一杯やる?
そんな人生も良いかな?
なんて考えもよぎるのもまた事実です。

でも、よく考えてくださいね。
最悪のことを想定して対策を考えるのが最善なことなのです。
おそらくこれからのサラリーマンの姿は間違いなく変わっていくでしょう。
その時になにも勉強してこなかったサラリーマンが慌てふためいているのを横目に、さっさと新しいステージを切り開いていこうじゃありませんか!
宅配型 トランクルーム 比較

仕事に行き詰まったら自己分析が一番の鍵

しかいことがわからなくなったら、自分を見つめ直すことから始めませんか?
まずは自分を見つめ直して自分を知ることが大事です。

やりたい仕事を見つめるためには、「自己分析ができている」ということが必須条件です。
「今の仕事に不満がある」
それはすごくわかるのですが、かといって何が自分お本当にやりたい仕事」なのかわからない?
そんな人にこそ自己分析が大事です。
「やりたいこと」と「できること」は別次元の話なのです。

「こんなつまらない仕事、辞めてやる!」
そんなことを考える前に自己分析から始めましょう。
自己分析で簡単な方法は「自己概念表」を作ることおすすめします。

私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
私は●●です。
これをいくつ書き出せるか?
少なくとも最低20件以上はひねりだしてください。
れを見ながら自分のセルフイメージを客観的に分析するのです。
ポジティブなことからネガティブなことまで

■特異なことだけではなく自分の弱点も認めましょう子dふぉまで
自分というものがわかったら、改めて自分の棚卸をしましょう。
これは何のビジネスも同じです。
例えば商品であれば
・動きの良い商品
・あまり売れない商品
・値引きしてでも在庫処分すべき商品
・これから売れそうな時代を先取りした商品
ビジネス、商売ではそれんらの商品でどれに力を入れて販売していくか?を考えるはずです。
これを自分の分析で分かったことに当てはめてみるのです。

今までの人生を振り返り、
やってきたこと
やりたかったけれどできなかったこと
成功したこと
失敗したこと
それらを紙に書いてみることが大事なのです。

やりたくなかったことからいつも逃げてきていませんでしたか?
成功したのは自分が好きなことで積極的にチャレンジしたからではなかったですか?
失敗したのは自分が嫌いなことで気が進まずに消極的だったからではないですか?

こうして
自分が何を得意としているか?
何をしている時が楽しいのか?

反対に
自分の弱点は?
やりたくないことは?
紙に書き出してみないと本当の自分はわからないのです。

得意なことにはさらに磨きをかけていきましょう
不得意なことは、改善するか?あるいはきれいさっぱり諦めて捨ててしまうことも考えましょう。

これは商売も同じ
資産は活用し、負債は処分する
あなたの自己分析で中で資産と言えるものは何ですか?
あなたン自己分析の中で負債と言えるものはなんですか?
自分のサインが欲しい