カテゴリー別アーカイブ: 未分類

50ccバイク(原付一種)ってどうなるの?

50ccエンジンを搭載したバイクがなくなるって本当なの?。
今までは寛大だったバイクに対する環境規制基準がどんどん厳しくなっていて、東京オリンピックが開催される2020年に適用が検討されているEURO5って言う基準をクリアするのは難しいらしいのです。
ホンダとヤマハが開発提携を結んだってニュースに衝撃を受けましたが、それも環境基準をクリアできるバイクを開発するのが目的で、まさかそんなに近い将来の話だとは思いませんでした。

原チャリって、私の世代(40代)には欠かすことのできない青春アイテムでした。
私は高校生の頃、山間部に住んでいましたので、公共交通機関は電車も通っていませんし、バスの本数も少ない上に運賃も高かったのです。
通っていた地元の高校はバイク禁止(3ナイ運動って懐かしいな)だたのですが、16歳になったらみんな原付バイクの免許を持っていました。
先生も「お願いだから見つからないでね」っていうくらい原付バイクの必要性を感じる地域だったのです。生目台中学校
市街地にはないけれど田舎にあるのは峠道。
もちろん原付バイクでスポーツ走行(ローリングなんて非難されたあれです)もしました。
中にはホンダ・スーパーカブにモンキーのパーツをつけて改造している人もいました。
どこに行くのも、仲間と遊ぶときも原付バイクと一緒だったのです。

街中では少しずつ電動バイクの姿を見るようになりました。
今はフル充電で30キロ弱しか走れないけれど、100キロくらい走れるようになったら本格的に普及していくんだろうなあと思いました。
フル充電で30キロしか走らなかったら、私の実家では使い物になりません。
今は普及に向けて電動バイクの購入補助金が書類を提出するだけで支給されます。
新聞配達とか郵便局のバイクも電動バイクになるんでしょうね。
ちょっとさびしいけれど、時代の移り変わりを感じました。
電動バイク、ちょっと乗ってみたいなあ。三井住友銀行カードローン 審査

憲法を改正する際は、財政規律に関する条文を追加するべきです

憲法記念日の5月3日に、安倍総理大臣は、2020年の施行を目指して、日本国憲法を改正する考えを示しました。具体的な期限を設定しており、安倍総理大臣の憲法改正への意気込みは相当なものです。安倍総理大臣が提案した自衛隊の憲法での明文化や、高等教育の無償化以外に、憲法改正時にぜひ追加してほしい条項があります。それは、財政規律に関する条項です。現在、日本の借金は、1,000兆円を超えています。国内総生産の200%を大幅に超える規模の借金です。ここまで莫大な借金がある国は世界に存在しません。一つの大きな原因は、憲法に財政規律に関する条項がなかったためです。仮に「国の借金は、年間の国内総生産の金額を超えてはいけない。」と憲法に明記されていれば、このような事態にはならなかったと思います。政治家は、自分が選挙で当選するために、高齢者の社会保障費を削減する約束はできません。消費者金融 審査 政治家は、消費税の引き上げの約束もできません。各省庁も自らの存在感を示すために、必死で自分の省庁の予算を確保し、1円でも多く税金を使おうとします。このような国の仕組みの中で、国の財政規律が守られなくなるのは当然のことです。財政規律を守るためには、憲法に明文化するしか方法はないと思います。日本の将来のためにも、憲法改正時に財政規律に関する条項を明文化してほしいと思います。

最近の政治ニュースを見てごく普通の20代が思う事

最近はやはりこういった社会ですから、様々な政治ニュースが耳に入ってきますね。特に印象的だったのは、20代の自殺率が世界一、出生数が約100万人を切り戦後最低、恋愛や結婚に関する数々の過去最低率等、ごく普通の20代である私にも身近なニュースでした。また、一部の報道に対して不信感を持ってしまっているのも事実です。なので、もしもこの国が政治や経済等様々な要因により衰退の一途を辿り続けてしまうようでしたら、最悪独り身なので、出来るだけ英語・フランス語・中国語等の諸外国の言語を身に付けて、シンガポール・香港・ハワイ等の治安が良くて発展を続ける土地に永住しようかとも考えています。そのように、様々な原因により、殆ど国・政治・上の世代への信頼・信用・尊敬等を失ってしまった私が、自分なりに出来るだけ改善出来そうな方法を考えてみましたが、やはり改めて子供・若者・妊婦さん・子育て世代のこれからの国を作っていく方々を第一に考えて頂く為に、それ以外の方々にそういう方々の現状を知って頂きたいですね。それ以外の方々も大変な時代を生き抜いてきた事は分かるのですが、これからの国を作っていく方々も同じくらいかそれ以上に大変なんです。子育て世代の約6世帯に1世帯が貧困家庭・妊婦さんに対する心ないマタニティハラスメント・奨学金返済を引きずり将来も案じる若者・・・。ハッキリ言ってそういう方々の現状を批判するのは、報道の機会すら少ない真実を知ってからにして下さい。また、私が中年から老人になる頃まで生き抜いていてこの国で暮らしていたら、絶対にこれからの国を作っていく方々を優先して大事に大切にしていきたいです。私が若い頃に「ゆとり世代」と一括りにされ馬鹿にされた思いを彼らにはして欲しくないからです。第一に国と言う物は、次の世代に受け継いで貰う事で、はじめて活きてくる物ですよね?少しキツい事も書いてしまいましたが、これが私が普段は言えない本音です。プロミス 審査

今の政治は、国民の声を聞かず、思いやらないものだ

最近の政治を見ていると、本当に国民の為に行われているのか、と疑問に思います。

先に、強行採決された安保法案も、多くの憲法学者が違憲を表明し、多くの一般国民や識者も反対を表明しています。

そして、それに対して、首相の説明は殆どありません。

首相自身が、

「国民の理解は進んでいない」

と発言しているのに、強行採決するなんて、おかしいのではないでしょうか。

安保法案が国民の為にあるというなら、国民総選挙をするべきではないでしょうか。

他にも、いつの間にか、なんの利があるかわからない「マイナンバー制」が知らないうちに決まっていたりと、国民の意思を全く無視しているように思えるのです。

消費税の増税分の3%は、年金制度の整備に使われるはずが、いまだに行われていません。

それどころか、島々サミットにて、法人に何億円と寄付をしたり、アメリカでは追加使用が見送られたオスプレイを何十機も購入しています。

又、新国立競技場の建設では、1000億円を超える予算を立てて、結局2520億円まで膨れ上がり白紙です。

消費税という、社会的弱者に負担を強いる税を増税する程、経済が悪化しているのに、どうも、貴重なお金を散財しているとしか思えません。

東日本大震災の被災者も未だに仮設住宅暮らしだというのに、何億円もかけた立派な競技場が必要なのでしょうか。

国民の声を全く聴かない、国民の生活を思いやらない政治だとしか思えないのです。
カードローン審査